美容室でのスタイルを再現するコツ。

美容室での最後の仕上がり、それを自宅での再現が難しい事ってありますよね。

そもそもなんで違いが起きるか?

そして、ちょっとしたコツで再現しやすくなるんですよね。

 

今日は違いとコツをご説明したいと思います。

 

まず、違いについて、、、

そもそも美容室で使用している物が違う。

大きくは二つです。

ドライヤーシャンプートリートメントです。

ドライヤーは近年髪の毛が痛まないなどのドライヤーが沢山出てきて、値段も高騰しつつあります。

「高ければ良い」というものではありませんが、家電はどんどん進化していっておりますので最低でも三年前のドライヤーなどをお使いの方は買い替えるだけでいつもと違う感覚を楽しめる可能性があります。

そして、シャンプートリートメント

こちらも髪質に合っているかというのを特に重視した方が良いです。

美容室で使用しているシャンプーはお客様の髪質に合して選定し、そちらを使わせて頂くことがほとんどです。そのあたりもこだわってらっしゃる方は多いですね。

 

そして、コツですね。

それはドライヤーの当て方でグンとまとまりは良くなるものです。


普段美容室では後ろから前に向けて風を当てるのが基本です。

生え癖によって変わる場合もありますが、

基本後ろから前に当てます。

しかし、自宅では前から当てる方がほとんどではないでしょうか?

そのポイントは根元の生え癖に最も影響するんですよね。

その話はまた次回に。

 

風の向きで大きく変わる事を少し意識してみてはいかがでしょうか?

 

ソープキャップ

みなさんソープキャップってご存知ですか?

 

簡単に言うと泡でパックする感覚なんですね。

 

実際にどのようにするかを見ていきましょう。

 

 

こちらがソープキャップ前。

 

ソープキャップ?

 

ブリーチした髪の毛にシャンプー台で嫌なギラツキを消す事

カラー剤とシャンプーを混ぜて髪の毛で泡立てて、色を入れていきます。

ブリシャンみたいな感じ(ブリーチシャンプー)

 

早速やってみる。

 

剤を準備して

シャンプーみたいにあわ立ててみる。

 

モコモコ

 

泡立ちは普通のシャンプーと変わりません。

 

ただ匂いがきついです。

 

仕上がりが

こちらです。

若干の黄色味は消えたように感じます。

明るさそのまま、黄色味だけ消すのにはいいかもしれません。

 

ちょっとした配合で色が変わるので、バイオレットを濃くするか、ブルーを入れてもキレイかもしれませんね。

カラーは配合、時間、髪の毛の状態で様々な色がでますので注意が必要ですね。

 

黄色の補色のバイオレットと、アッシュ系を入れるとかなりいい感じになりました。

薬の配合が少し変わるだけで激変します。

 

是非お試しを。

子供カットのコ!!ツ!!

お子さんをカットされるお母さん、お父さんに是非オススメ!!

 

なんとなく切ると意外に難しい前髪や全体のバランス、どこを切るかによって考える事はいろいろあります。
そこで!!

 

 

お子さんをカットする際に気をつける事ベスト3!!






勝手やっちゃいます!

 

あくまで自分がカットする際に気をつける事なので参考程度にお願いします。。。

順番に意識してやってみて下さい

 

 

  • つむじから放射線状に髪が落ちてる状態を作る


これは結構大切!ベース作りから

髪の毛に癖がついてる(特に寝癖は最悪です)と正直切りにくいです。

もちろん完全に乾いてる状態で切った方がやりやすいので出来れば濡らして乾かしてからカットしてあげた方が綺麗になりやすいです

髪の毛が本来落ちる位置で切ってあげる事により変に長い毛が出てくることもなく、まとまりやすくなります

 

 

  • 切るところと切らない所を分けろ!!


カットする際に重要な事は切るところと切らない所を分ける、ここは切ろう!、ここは切らない!

そうする事で今回切るところが明確になります

カットする際に長さがどんどん短くなるはあるあるです

切るところと切らない所を分けていないとどんどんバランスが崩れていってしまいます

これはもうどうしたらいいかわからない状態にたってしまいますのでお気をつけを。。。

 

 

  • すきバサミの刃先を使え!!


続いて切る作業、

普通のハサミはなかなか難しいと思います

パッツンにするならいいですが柔らかい毛先の表情をだすのは意外とコツがいるもの、、、
そこですきバサミの刃先です!!

使う部分は刃先部分1センチ!!

それを斜め45度に入れて、何回も開閉して切り落とす

これで毛先はプロみたいな仕上がりに!!

このとき髪の毛を持ってる左手にも秘密が隠されています。

左手の話をするとややこしくなってしまうのでまた今度にします。

 

 

YouTubeでも子供前髪カットで検索すれば結構出てますね。

動画はわかりやすいものもたくさんありましたので動画も参考に

 

 

 

コ!!ツ!!

  1. つむじから放射線状に髪が落ちてる状態を作る

  2. 切るところと切らない所を分けろ!!

  3. すきバサミの刃先を使え!!




一度切る際にこの三点を注意してみて下さい!

仕上がりがプロのようになる!!

 

 

はず、、、

 

 

 

10分アレンジ マジェステ編

今日はマジェステを使った簡単アレンジ

使うのはべっ甲マジェステ

寝癖の状態でも少しうねってる状態でもいいので、(地肌があまり見えすぎているのはアウト)グロス系のワックスを全体に馴染ませます。


ルーズになる様にワシャワシャっとつけて頂きます。

あとは左サイドの毛と右サイドの毛をグルッとしてアメピンで止めます。(仮止め)


余った毛先をさらにグルッとねじってもう一つアメピンで止めます。


上からマジェステを止めれば完成!
結構簡単でバレッタなども応用出来ます

では

お客様の満足度をあげる事って大切です

パーマ記事がなんかよく読んで頂けるので、

パーマ比率を僕が全員のお客様の中で4割まで高くなった時のお話を

皆さんと同じような事しかやってないとおもうのですが、  
まずは自分にパーマをかけてる事


パーマ離れが多い上に担当して頂く方がパーマしてなかったら説得力ないですよね。

これは基本中の基本です。

いやあなたもやってませんやん!!と言われてしまいます。

ちなみに私はもうかけ続けて8年ぐらいパーマは周期的にかけております。自分もかける事でパーマの良さを理解する事は大切です。

基本自分が嫌なもの、良いと思わない物はオススメはしません。いいと思ったからこそお客様に対して、体験談と良さを確信を持ってお伝え出来ます。
その後に擬似体験をしてもらう


パーマ今日かけましょう!と言ってすぐにやってくれるものではありません。

カールをかけた時の自分の印象をリアルに見てもらう事、これに付きます。

カールアイロンを持ってない方をカール仕上げ(コテで巻いてあげる)でする事はありますか?

ブローの方が多いのではないでしょうか?

パーマかけたらこんなイメージになりますよってビジュアルで見せてあげる事でこんなんになるんや〜っとイメージしやすいですよね。

常に意識してお客様に体験をしてもらいましょう
何が不安なのか!?


前の記事でもあったように不安を取り除くことをしなければお客様はやりたいと思いません。

パーマする人減ってきた思ったら
過去に何があったのか!?

その過去の不安な事を知り、どうしてなったか、そして今回は何故ならないのか!?

それがわかるとお客様を理解し、挑戦したくなってくる事でしょう

鉄板デザインを最低三つは持っておく。


これは完全に技術です。

練習して完璧な状態を掴みましょう。

最低3つあればレングス、デザインを組み合わせればいろんなパターンに広がるので、この練習はしましょう
とにかく、答はお客様が持ってます

森元

32才 男性にはこんな悩みが、、、

30代になると体、髪、匂い、など気になってきますね。

今回は髪の白髪に対してのお話。

30代にもなるとチラチラ白髪が出てきて、

カラー(白髪染め)でもしよっかなーとかの会話も少なくはありません。

実際に白髪染めをされてる方、カラーリングされてる方、放置、など3パターンあります。

僕のお客様では1:1:1くらいの比率です。

お仕事の関係もあり、茶色にはできない方、30代で茶色はチャらく見えるから嫌、硬派(できる男に見えたい)になる
などなど
そこでその方に提案したのは

グレイ色でのカバーリング


カラーリングは発色するために髪の毛を一度リフト(明るく)する必要があります。

しかし!!

白髪にはリフトしなくても色がはいるんですよね。

その白髪を利用してできるカラー

染める前は

あくまで男性の方です。

分け目には結構な量の白髪が、、、

これをグレイ色を使ってカバーリング(馴染まして)していきます。

グレー6:ブルー    1:1

目安です。

仕上がりがこれ

くすむ事で白髪のキラキラ感が軽減します。

並べて見て見ましょう。


左ビフォー    右アフター

写真ではわかりにくいかもしれませんが白髪の部分が、グレイっぽい、ブルーっぽい感じになっているのはわかると思います。

これをする事でキラキラ感が出ずに白髪を抑える事ができます。
そして、伸びてきたあと、通常だったらリタッチが出て白いのがもっと気になりますが、

伸びてきても気になりません!

馴染ましているので白髪も馴染みます、

およそ2.3ヶ月でもう一度染めればオッケー!

市販で染めるのもいいですけど美容室ならではのカラーリングです。

気になる方は是非

ブリーチしてる人にパーマかけたいと言われたら、、、

ブリーチをしてる髪の毛にデジパはあたるのか!?

 

検証して見ました。

前回グラデーションからーをしており毛先はおそらく二回ほどブリーチをしている状態です

パーマが好きは私にとってはやりがいのある所です

デジパはオージスでロッドはブルーをチョイス23ミリくらいですかね

温度はもちろんの40°で低温デジパでいきます

オンした画像は撮るのを忘れてしまいました。

ロッド外した状態がこちら

ビビることなく毛先はカールしてくれました

まだまだ安心は出来ません、なぜなら流すと取れたり、バサバサになったりするからです

流し、タオルドライ

ちょうどいい感じですあまりかけすぎるとバサバサになってしまいますので。。。

これからが本当の勝負!!

濡れてる時はカール付いてても乾かすとダレるパターンがあります

ドライは根元中心にかけて毛先は後で弱風で乾かす感じで

やはり若干のパサつきは出ました。

もうちょいまとめるように乾かすと

まあギリギリですかね、

巻きたくない人はいいかもですがやはりツヤ感、などは非常に出にくいです。

スタイリングして

クリームワックスをなじませて波ウェーブっぽく仕上げました

 

結論

ブリーチしている髪の毛にするのは

個人的にはあまりオススメしません。

が、、、、

どうしてもと言うならかけますがかけて可愛く仕上げる事は出来ますが、家に帰ってからのケア次第で良くも悪くもなります
パーマには水分が非常に大切です。

ブリーチすると保湿能力が失われパーマ当てた時のカールが保持できない事がほとんどです。

クリームつけて、オイルつけてなどのケアをしっかりやって頂ければオッケーかもしれません。

あくまで個人的な意見ですが完璧に当てる方法あれば教えて下さい!!
森元