パーマする人減ってきたと思った時に

パーマってもうかけてる方は少なくなってきてるみたいです。。

サロン平均値 全体の15%

パーマが得意な人は20%

ぐらいあれば良い方なんではないでしょうか?

そもそも何故こんなパーマ離れしている人がいるのか?

それは非常に不思議です。

髪質が良くなって、なおかつ綺麗にかかっていればお手入れも楽になるはずです。
パーマってそもそも痛むものなんでしょうか?
パーマに対しての良い思い出がない!!


そういう方は非常に沢山いらっしゃる

トラウマなのです。

昔チリチリになったから、傷んだ、老けた、この三つは良くお客様からお伺いする内容です。

チリチリにならず、傷まず、老けないパーマだったら良いのではとお尋ねすると大体の方がそれなら良いかも〜と思っしゃって頂きます。
そもそもパーマの選択肢がない事


美容師さんによってスタンスは様々ですね

お任せでスタイルを全部お任せ下さる方や、ある程度お客様のご要望に沿ってスタイルを作って行くのと大体大まかに分けて二つあると思います。

お任せの人は大体わかってくれてるからとかの信頼関係がおありになるか、任せといた方が良くなると思って下さってる方

それは大変嬉しく思います。

ある程度お客様のご要望の方は人こだわりが強い方、ここだけはどうしてもこうして欲しいなど、全体もしくは自分の似合う、気にいるをわかってらっしゃる方

それはそのポイントは必ず外さないようにさせていただきます。
その中で、スタイルを作って行く上でパーマの選択肢がお客様にはありますか?

おそらくないと思います。

パーマメリットデメリットを明確にし、お客様に提案ではなく、聞いてみるのも一つかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です